総量規制の意味とは何でしょうか?

最近良く総量規制という言葉が出ているのですが、それについて私は借りる事ができなくなると聞いたのですが、これは本当でしょうか?ちなみに私は主婦で、パートをしているのですが、どうなのかを教えていただけると大変ありがたいなあと思うのです。
車や家のローンができないのは辛いと思うんですけど、どのあたりを特に注意して買い物したらいいのでしょうか。 大変気になる話です。
★はいあなた様のおっしゃるとおり、主婦のあなた様が借りるのは大変難しくなります。
総量規制といえば、給料の3分の1まで借りられるのが原則ですから、あなたのパートの収入が90万円とすれば、30万円まで借りることができるというものです。
もうひとつ重要なのは、借りた総額ではなく、枠のことを指していて、例えばA社に20万の枠を作ったらB社の枠は10万までとなるわけです。
しかし、これは通常の借金をさしていまして、ほかにも抜け道はあります。
あなたが先ほどおっしゃった、住宅ローンや、自動車のローンは対象外なのです。
ですから、安心して、利用できるわけです。
もうひとつ重要なのはクレジットカードのショッピングローンも、これの対象外で、ショッピングならばこの総量規制で、これは買い物をしやすいことを助けているのではないのでしょうか?だから、あなたも安心して、買い物をしてほしいと思います。
勿論ローンは借金ですから、しっかりと計画を持って利用をしてほしいなあと思います。

約定返済とは当事者で取り決めた返済です

借り入れにおいて、約定○○という言葉が多くあります。 たとえば、約定利率、約定返済額、約定期日などです。 約定とは、「約束して決めること」「取り決めを交わすこと」「契約」とあります。 つまり、当事者同士(債権者と債務者)で取り決めた事柄ということになります。 となると、約定利率は当事者同士で取り決めた利率ということになります。 また、約定期日は当事者同士で取り決めた返済日、約定返済額は当事者同士で取り決めた返済額ということになります。 この取り決めを破ると、違反として損害金などが発生する可能性があるので注意しなくてはなりません。 これを踏まえて考えると、約定返済は毎月返済しなくてはいけない金額ですので、たとえば毎月1万円を返していくと決めれば、毎月必ず返済していかなくてはなりません。 返済期日にしても返済額にしても、基本的には金融会社が指定するいくつかの条件の中から自分に適した日にちや金額を選択することが可能となっています。 たとえば、金融会社が返済日を5日、10日、20日、30日の中で用意しているのなら、給料日などを考え一番いい日を選びます。 ちなみに、多くの方は口座から引き落としで返済していると思いますが、万が一、口座にお金が足りなくて引き落としができなかったという場合は延滞ということで遅延損害金という延滞利息が発生することになります。 また、債務者の信用にも影響するため、取り決めた事柄はすべて守り返済を行いましょう。

  • [↑]
外部参考サイト

今すぐお金を借りたい:とにかく即日融資ですぐにお金を借りたい場面にどうぞ。